引っ越し用ダンボールの回収、捨て方について。

引っ越しは人生の中でもかなり大変なイベントですよね。毎日の生活や仕事の合間を縫って荷造りや引っ越しの手続きを行い、ようやく新天地への引っ越しが完了しても、次は荷ほどきという作業が待っています。

 

やっと部屋が片付いてきたと思う時にふと気になるのが、部屋に積まれたダンボールの山。

 

引っ越し後のダンボール

 

「ダンボールってどうやって処分したらいいの?」

 

と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、引っ越し後のダンボール処分について、業者にお願いする場合の方法や、回収業者に引き取ってもらう方法、自治体のゴミ回収を利用した捨て方を紹介します。

 

引っ越し後のダンボール回収。引っ越し業者は対応してくれる?

引っ越し後に不要になったダンボールは、大抵の場合は引っ越しをお願いした業者に連絡をすれば、有料のオプションで引き取ってもらうことができます。

 

以前でしたら、引っ越し業者が無料で回収するケースがほとんどだったようですが、人件費やガソリン代などの経費が必要になることから、現在では大手引っ越し業者を中心に有料で回収を行っています。

 

また資源の有効利用という観点からも、ダンボールを有料で回収するという企業も多くなりました。

 

ダンボールの回収には、「引っ越しが終わってから○ヶ月以内」といった期限がある引っ越し業者がほとんどです。引っ越しをする前に必ず確認をしておくようにして下さい。

 

また引っ越し業者にダンボールの回収をしてもらう場合は、

 

  • ガムテープをできるだけ取っておく
  • ダンボールを畳んで、業者が受け取りやすい状態にしておく

 

この2点を忘れずに行うようにしましょう。

 

引っ越し業者別比較、ダンボールの回収対応・費用

引っ越し業者によっては、契約した際に無料でダンボールをもらえます。その場合は、引っ越し料金にダンボールの回収費用も含まれていることもあるそうです。

 

契約をする前に一度チェックをしておけば、安心してダンボールの回収をしてもらえますね。下記に代表的な引っ越し業者の対応をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

 

日通の引っ越しダンボール

 

アート引越センター 引っ越し3ヶ月以内に1回引き取り可能・無料で対応
サカイ引越センター 1,000円(税抜)での引き取り・繁忙期に当たる3/15?4/15の期間は、回収不可
日本通運 見積もりの際に予約が必須。1回のみ回収が無料(2回目以降は有料で回収可能)。「単身パック当日便」を利用した場合は1ヶ月以内に、その他の場合は3ヶ月以内に連絡 ※「単身パック」にはダンボール無料回収サービスが付加されているので、予約は不要
アリさんマークの引越社 1回1,000円にて回収可能。何度引き取りをお願いしても料金は変動なし
クロネコヤマト 「単身引越サービス」を利用した場合、3,000円(税抜)料金が必要。「引越らくらくタイムリーサービス」、「建替引越パック」を利用した場合は、無料で回収
アーク引越センター 事前の予約で無料回収が可能(見積もり時に要確認)。回収をお願いする時は必ず電話連絡。一部の地域では回収の対象外エリアあり
ハート引越センター 1回のみ無料で回収可能(2回目以降は有料)。回収に来るまでに時間がかかる場合もあり

 

現在では、引っ越し業者別でダンボールの回収は上記のようにサービスを提供しています。1回のみ無料で回収をしてもらえる業者も多く、引き取りの際にも、立ち会いは必要なく「ドアの前に置いておけば引き取ります」といった業者がほとんどです。

 

しかし、業者によっては自社以外のダンボール(例えばコンビニなどでもらったダンボール)は回収不可であったり、回収エリアに含まれていない場合はサービスが利用できない、という場合もあるそうです。

 

また、引っ越しシーズンである2月〜4月の間は、引っ越し業者も忙しく、回収に行けないという場合もありますので、注意しましょう。見積もりの際には

 

  1. ダンボールの回収は有料?無料?
  2. 回収してもらえる場合、期限はいつまで?
  3. 自社以外でのダンボールも回収してもらえる?

 

これらのことを確認しておくようにしましょう。

 

矢印 引っ越し用のダンボールの入手方法はこちら!

 

回収業者を利用した場合

次に、引っ越し業者に頼まずに回収業者を利用する方法について紹介します。

 

古紙回収業者

軽トラックなどで行っている、古紙の無料回収サービスを見かけたことがある人も多いでしょう。古紙の中でもダンボールは料金が高いことから、歓迎される場合が多いそうです。

 

ただし、最近では古紙回収業者も見かける回数が非常に少なくなった上に、いつ自宅前に来てくれるのかは運頼みになってしまいます。タイミングが合うまではダンボールを片付けられない、というのが困りものかもしれません。回収してもらう際にも、きちんと畳んでガムテープなども綺麗にはがしておくよう、気をつけて下さい。

 

ダンボール買い取り専門のリサイクル業者

ダンボールは需要が非常に高く、リサイクル業者の中にはダンボールを買い取りしてもらえる業者もあります。ただし買い取りを行っている業者は、会社などで発生する大量のダンボールを対象に行っています。引っ越し程度のダンボールですと、逆に料金が発生する場合もありますので、事前に電話などで確認をしてからお願いするようにしましょう。

 

他にも、不用品回収業者に連絡をして引き取りに来てもらうということも出来ます。格安でダンボールを引き取ってもらえますが、業者の中には悪質な業者も少なくありません。不用品回収業者を選ぶ場合は、「廃棄物収集運搬業」の許可を得ているか、確認をしておくようにしましょう。

 

ダンボールの捨て方

一番手軽で、しかも無料といえば、自治体が行っている資源ゴミ回収に出すことです。曜日や時間が決まっていたり、家族での引っ越しの場合は持ち運びの手間が必要となりますが、簡単にダンボールを回収してもらうことができます。

 

ビニール紐でダンボールを束ねる、いやここの地域では麻紐で、といった自治体ごとにルールが決まっていることがあります。ダンボールをゴミに出す場合は地域のルールをきちんと確認しておきましょう。

 

また一度に大量のダンボールをゴミに出してしまっては、隣近所への迷惑になる場合も考えられます。「引っ越し後のダンボールを大量に出したことで、近所とトラブルになった」というケースも多いそうです。ダンボールは数回に分けて出すか、他の回収業者と同時に利用するなど、マナーを守って処分するようにして下さい。

 

古紙回収センター

自治体主催の古紙回収センターに、自分で持ち込むという方法もあります。自家用車を持っていないと難しいかもしれませんが、もちろん無料でダンボールを回収してもらえますし、一度にまとめて回収してもらえて自宅もスッキリ、というメリットもあります。

 

センターによっては、土日や祝日は受付を行っていない場合もありますので、ひとり暮らしの会社員ですと難しいかもしれませんね。インターネットなどで自宅の近辺に回収センターがないか、一度チェックしてみても良いでしょう。

 

自治体の廃品回収を利用する

これも無料でダンボールを回収してもらえるので、積極的に利用したいサービスですね。子ども会や小・中学校が主催となって土日などに行われている廃品回収でも、無料でダンボールを処分できます。住んでいる地域の広報や大家さん、ご近所はそういった情報を持っていますので、ご挨拶がてらに聞いてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

引っ越し後に不要になったダンボールの回収方法について、業者や処分の方法について紹介しました。

 

ダンボールが片付いて、スッキリと整った自宅を見て初めて「引っ越しが終わった!」と実感する人も多いのではないでしょうか。ルールを守ってダンボールを回収してもらい、新生活を楽しみましょう!